お祝いに良い花

それでは、フラワー電報を使用する場合や、そうでなくとも花を贈るという場合には、どのような花を選択するのが良いのでしょうか。ここでは、花言葉から見る「お祝いに良い花」について紹介します。見た目と花言葉から花を選ぶことで、より一層自分のお祝いの気持ちを相手に伝える事ができるようになるでしょう。

お祝いの花として最初に紹介するのは、ルピナスです。ルピナスは蝶のような花びらの形をしているのが特徴的な花です。花の色は幅が広いため、好みに合わせて選択することができるでしょう。お祝いの場合には白や赤などの色を選ぶのが適切です。ルピナスの花言葉は「いつも幸せ」というものです。末永い幸せを祈る場合に良いでしょう。

お祝いの花として次に紹介するのは、カーネーションについてです。特にカーネーションの中でも、青色のカーネーションは良い花言葉を持っています。青色のカーネーションは自然のものではなく、人工的に作られているものです。青色のカーネーションが持っている花言葉は「永遠の幸福」です。やはり結婚式などのお祝いの場に適した花と言えるでしょう。

このように、お祝いの花言葉を持った花というのは、他にも多く存在しています。花を贈る時に、少し注目してみると良いでしょう。

お祝い電報の内容

では次に、お祝いのために電報を使用する場合、その内容をどのようなものにするのかについて紹介します。電報を利用したことがないという方にとって、どのような内容を書けば良いのかも分からない場合が多いのではないでしょうか。ここでは、結婚式の場合を想定して、簡単なお祝い電報の例について紹介します。

電報の始めには、まず結婚に対するお祝いの言葉を書きましょう。ご結婚おめでとうございます、末永いお幸せをお祈りします。といったよう文章が定型文です。その次には結婚祝いの言葉を記した上で、自分の言葉としてお祝いを伝えるようにしましょう。

お祝いとして贈る電報の内容は、当然自分と相手との関係によって適切な内容に違いがあります。例えば友人に送るのと、同僚に贈るのとでは、やはり書く内容には違いが生じることになるでしょう。親戚の場合などはなおのことです。

ただし、この電報というのはその受け取り手だけが読むのではなく、式場で読み上げられたり、張り出されたりする場合もある点には注意しましょう。親密な関係であっても、親しき仲にも礼儀ありであることを忘れず、大人として恥ずかしくないような電報の内容で贈るようにすることが重要です。

フラワー電報

それでは、直接会うのではなく、また相手に時間を取らせることも無く行う事ができるお祝いの伝え方について紹介します。ここで紹介するのは、フラワー電報を使用する方法です。フラワー電報というのは、その名前の通り花と一緒に電報を贈るシステムのことです。お祝いの場に生花を届け、その上で自分のお祝いの気持ちを伝える事ができるため、一石二鳥のシステムと言えるでしょう。

このフラワー電報で贈ることができる花の種類は様々です。選び方としては、自宅に対してフラワー電報を贈るのか、あるいは式場などの開催会場に対して贈るのかによって適切な花を選択するのが良いでしょう。自宅に送るのであれば、花束タイプやアレンジメントタイプなどのフラワー電報を使用するのが良いでしょう。生花の場合、自宅だとその後の手入れなども必要になってしまうため、出来るだけその手間がかからないような形のものを選択した方が良いためです。

式場などに贈る場合については、スタンドタイプのフラワー電報などが使用できます。料金としては花束タイプなどに比べると高額になってしまうものの、より華やかにお祝いの場を飾ることができるでしょう。もちろん、一緒に送る電報の内容も重要です。

お祝いを伝えよう

卒業式や入学式、あるいは結婚式など、人生には様々なお祝い事が存在しています。こういった門出の時に、相手に対してそのお祝いの気持ちを伝えるということは、お祝いを貰う側にとってはもちろん、お祝いを贈る側にとっても喜びの1つとなるのではないでしょうか。しかし、やはりこのお祝いというのは、適切に相手に伝わらなければ意味がありません。それでは、お祝いの気持ちを伝えるためには、どのような方法があるのでしょうか。

お祝いの気持ちの伝え方として、例えば結婚式なのであれば実際に結婚式に出席し、そこで直接話をするという方法があります。場合によっては友人として、あるいは家族としてスピーチを行うことになる場合もあるでしょう。こういった場があるのであれば、これまでの感謝の気持ちやお祝いの気持ちを伝えるのはそこまで難しいことではありません。しかし、大人になっていると自分にも仕事の都合などがあり、必ずしもこういったお祝いの場に直接出席できるとは限らないでしょう。そういった場合には、また別の方法でお祝いの気持ちを伝える必要があります。

それでは、もし直接あってお祝いを伝えることができないという場合には、どのようにしてお祝いを伝えれば良いのでしょうか。電話などを使用して直接話をするというのも1つの方法ですが、お祝いが必要になる時期というのは往々にして相手も忙しい時期であることが多いものです。あまり時間を取ってしまう方法ではない方が良いこともあるでしょう。