お祝い電報の内容

では次に、お祝いのために電報を使用する場合、その内容をどのようなものにするのかについて紹介します。電報を利用したことがないという方にとって、どのような内容を書けば良いのかも分からない場合が多いのではないでしょうか。ここでは、結婚式の場合を想定して、簡単なお祝い電報の例について紹介します。

電報の始めには、まず結婚に対するお祝いの言葉を書きましょう。ご結婚おめでとうございます、末永いお幸せをお祈りします。といったよう文章が定型文です。その次には結婚祝いの言葉を記した上で、自分の言葉としてお祝いを伝えるようにしましょう。

お祝いとして贈る電報の内容は、当然自分と相手との関係によって適切な内容に違いがあります。例えば友人に送るのと、同僚に贈るのとでは、やはり書く内容には違いが生じることになるでしょう。親戚の場合などはなおのことです。

ただし、この電報というのはその受け取り手だけが読むのではなく、式場で読み上げられたり、張り出されたりする場合もある点には注意しましょう。親密な関係であっても、親しき仲にも礼儀ありであることを忘れず、大人として恥ずかしくないような電報の内容で贈るようにすることが重要です。